企業は、絶えず明日を担う製品をつくり出さねばならない『オー・マイ・グーッズ!』